キャッシュレス2
お問い合わせ
豆知識
営業日
2020年5月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2020年6月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

※赤字は休業日です

紙の厚さ(坪量・連量)
【1】坪量
坪量とは紙の重量表示の方法で、一定面積あたりの重量を指し、
一平方メートルあたりの重さで表示にはg/㎡を使います
【2】連量
連量の連とは同一規定寸法に仕上げた紙1.000枚を一括して表す単位です。 板紙は1,00枚をもって一連とします。
例えば、4/6判の紙の場合は4/6判が規定寸法になり、その1000枚の重量が[連量]になり<kg>で表示します。
                 ※紙 1000枚 = 1R /   板紙100枚 = 1R
【3】洋紙の寸法面積の算出方法
連量[kg]=坪量[g/㎡]×平方メートル(㎡)×1000(枚)
坪量[g/㎡]=連量[kg]÷平方メートル(㎡)×1000(枚)
  ※平方メートル(4/6判の場合) 1.091m×0.788m=0.86㎡
●坪量[g/㎡]表示の場合は、同じ厚さの紙は寸法が違っても同じ[g/㎡]数になります。
●連量[kg]表示の場合は、同じ厚さの紙でも寸法が違えば[kg]数は変わってきます。
資料提供 ㈱ミューズ

         

         





 戻る
紙肌
<コールドプレス>と<ホットプレス>について
ハンドメイドなどの単葉のものでより平滑な面が必要な場合には、乾燥させた後、更に亜鉛版に紙をはさんで多段ロールに通します。
本来の意味としては、その通常温のものを<コールドプレス>といい、ロールに熱を加えたものを<ホットプレス>といいますが、
現在ではホットやコールドという呼称も製法上の分類だけでなく、表面の区別にも用いられるようになりました。
  
荒目
中目
細目
極細
米国
Rough
(ラフ)
Cold Press
(コールドプレス)
Hot press
(ホットプレス)
仏国
Torchon
(トルション)
Fin
(ファン)
Satine
(サチネ)
水彩以外の呼称
Rough
(ラフ)
Not
(ノット)
Smooth
(スムース)
Extra Smooth
(エキストラスムース)
※メーカーによって違う呼称の場合もあります。
資料提供 ㈱ミューズ